ラズパイ3B+ と さくらのVPS かつ ds-lite(IPv4 over IPv6ルータ) 通信エラーが発生していました -2-

2019年9月24日

ラズパイ3B+ と さくらのVPS かつ ds-lite(IPv4 over IPv6ルータ) 通信エラーが発生していました -PS4 Pro 使ってみて- で、もう1個のエラーについて書きたいと思います。

◎ラズパイで “ifconfig” を出力してみた結果

“ラズパイ” と “VPSサーバ” が接続した時に “ip6tnl1” として出力されます。
TX(送信)通信で “error” と “dorrop” の数値が増えていることが判明しました。

“tcpdump” コマンドを使って、”ip6tnl1″ のパケット通信を見てみました。

pi@raspberrypi:~ $ sudo tcpdump -i ip6tnl1

【エラー結果】

                           〃
                           〃
【時間】 IP6 【ip6tnl1 ipnet6 アドレス ※1】 > ip6-allrouters: ICMP6, router solicitation, length 32
                           〃
                           〃

※1【】は 接続が確立したときに”アドレス”が変わります。
※1 一部書き換えています。
というエラーでした。

半年間以上悩んでやっと解決策を見つけましたので書きたいと思います。

【お願い】
今回の設定内容は自分なりの設定になり、『これが正しい』ということではありません。
内容を訂正する場合が確実にあります。
以下のやり方について、PC,その他のトラブルについては責任を負いかねます。
よろしくお願いします。

【目的】
“Raspberry Pi 3B+” , “さくらのVPS” の接続が確立した時に “ip6tnl1” のTX(送信)通信で “error” と “dorrop” が発生していたため、それを解決する方法

【使用機材】
・フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ 下り:200M/上り:100M (自分の住んでいる地域は・・・関東甲信越です。)
・Raspberry Pi 3B+ 本体 ※1
・USB専用のLANアダプター ※1
・スイッチングハブ ※1
・LANケーブル 3つ ※1
・ディスプレイ(HDMI対応)
・マウス
・キーボード
・PC(windows 7)
・PS4 Pro 一式
※1 製品・機器の規格によりインターネット速度が異なります。ご利用される機器情報を必ず把握をして下さい。

【開発環境】
・さくらのVPS 1G (東京) (サーバーOS: centOS7.5)
・Raspberry Pi 3B+ (OS:NOOBS ver2.8.2)

【IPv6のアドレス取得プロバイダー】
・au one net サービス名:IPv6:「フレッツ光」コース (日本ネットワークイネイブラー株式会社: JPNE)

【設定方法】
今回は ラズパイ3B+ と さくらのVPS かつ ds-lite(IPv4 over IPv6ルータ) 通信エラーが発生していました -PS4 Pro 使ってみて- の “【設定方法】” で “3.1 カーネルモジュールを設定する。” の設定後に行います。

“sysctl.conf の設定”

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /etc/sysctl.conf

【設定ファイル】一番最後に1行追加する。

net.ipv6.conf.ip6tnl1.accept_ra = 0

ロードする

pi@raspberrypi:~ $ sudo sysctl -p

以上の設定になります。
“sysctlコマンド” を使い “sysctl -w” で行えばいいのですが、接続が確立していないため以上の設定になります。

【今回の原因について】
RA (Router Advertisement; ルータ広告) が原因ということが解りました。
RAについては、”一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター さん -RA (Router Advertisement; ルータ広告)とは-” または、他サイトよりご確認をお願いします。
“ラズパイ” と “VPSサーバ” が接続した時に “ip6tnl1” で “inet6” のアドレスが作成されます。
その “アドレス” は “ルータ” を探索するのですが、”ラズパイ” と “VPSサーバ” の2つ専用トンネルだけなので “ルータ” 存在しません。また、専用トンネル間から外部ネットワーク接続することも出来ません。
自分は 「”RA” の設定は必要ないのでは・・・」 と思いました。
以上の設定方法でTX(送信)通信での “error” と “dorrop” は発生しませんでした。

現在は、経過観察中になりますが・・・また、何かあれば書きたいと思います。

【参考文献】
一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター さん -RA (Router Advertisement; ルータ広告)
@TD3P さん -ifconfigの出力結果に書いてあること-

【使用サービス情報】
SAKURA Internet さん -さくらのVPS-
au さん -プロバイダ au one net-

【商標情報】
ラズベリーパイ財団 さん – https://www.raspberrypi.org/
マイクロソフト さん -windows-
日本ネットワークイネイブラー株式会社 さん -JPNE-