ZendFramework インストールの仕方

centOS, ubuntu, VPS, ZendFramework

ZendFrameworkのインストールの仕方。

【設定方法】
ZendFrameworkのサイトから圧縮ファイルをダウンロードする。
当時は、wgetを使ってダウンロードが出来ていましたが、現在はユーザ登録が必要です。

Zendframework

1.ダウンロード後、解凍する。

[user@localhost]# tar -zxvf ZendFramework-1.11.10.tar.gz
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~解凍~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・
・
・
・
[user@localhost]#

2.名前を変更してから、ディレクトリを移動する。
※ubuntuの場合※

[user@localhost]# mv ZendFramework-1.11.10 ZendFramework
[user@localhost]# sudo mv ZendFramework /usr/lib/php5/

※CentOSの場合※

[user@localhost]# mv ZendFramework-1.11.10 ZendFramework
[user@localhost]# sudo mv ZendFramework /usr/ZendFramework

3.php.ini の”include_path =”にパッチの設定する。
※ubuntuの場合※

[user@localhost]# sudo vi /etc/php5/apache2/php.ini

ファイル内容

#include_path = ".:/usr/share/php:/usr/share/pear"
include_path = ".:/usr/share/php:/usr/share/pear:/usr/lib/php5/ZendFramework/library"

※centOSの設定※

[user@localhost]# sudo vi /etc/php.ini

ファイル内容

#include_path = ".:/php/includes:/usr/share/pear"
include_path = ".:/php/includes:/usr/share/pear:/usr/ZendFrameworklibrary"

前の記述部分をコメント化して残すようにしています。

4.ubuntuの場合、ModRewriteを有効にする

[user@localhost]# sudo a2enmod rewrite

5.Apacheを更新する。
※ubuntuの場合※

[user@localhost]# sudo /etc/init.d/apache2 restart

※centOSの場合※

[user@localhost]# sudo /etc/rc.d/init.d/httpd restart

これで完了です。

記事を読む   ZendFramework イ ...

PAGE TOP